コンビニの焙煎コーヒーは、まさにコンビニエンス。

天気が暖かくても寒くても、忙しい中にも一息つけるコーヒーはホッとしていいですね。

気持ちの入れ替えや、気分転換、疲れを癒やされるなど、区切りがつけれていいのです。

仕事の一区切りや休憩、仕事が終わって飲むコーヒーは格別です。

コーヒーはスタバやドトールなど大手チェーンから始まって、コンビニの缶コーヒー、家庭用で飲むインスタントや煎れたてのコーヒーなど様々です。

飲むコーヒーのスタイルは色々有りますが、今まで愛用してきたコーヒーを飲んできた中で、

ひょっとしてすでに利用されている人も多いかもしれませんが、これまで選択してきたコーヒーが、ここ1、2年で変化してきたことがあります。

身近なところではコンビニのその場で、挽きたてで飲める焙煎コーヒーです。

何が便利かというと、これまではコンビニでは缶コーヒーが主流として選ぶことができませんでした。
挽きたてのコーヒーは、それほどメジャーではありませんでしたね。

大半は従来のコーヒーで、特に時間がない人でもさっと購入して外や車の中でその場で飲めるのが一般的でした。

しかしここ最近、コンビニチェーンで焙煎珈琲がその場で、しかも煎れたてでホットでもアイスでも飲めるようになってきました。これって便利ですよね。

しかもそれは、100円程度の料金で缶コーヒーよりも安く、出来立てのコーヒーが飲めるということです。

確かに大手コーヒーチェーンでは、くつろげる場所でゆっくりと味わってコーヒーを飲んだり、楽しむことができます。それはそれで空間としてはありですね。

一方、忙しいビジネスマンとっては、まだちょっと気軽にコンビニによって飲めるコーヒーは早くて安くて、とても便利なわけです。

味はどうかというとスタバなど大手チェーンで飲むコーヒーと極端には変わりません。

その証拠にある大手コンビニでは、焙煎コーヒーの売り上げは急上昇しているようです。

それはそうですね、味もそう変わらず美味しく飲めるコーヒーは、珈琲店に行かなくても、車でそのまま美味しく飲めるし、缶コーヒーによるあの味気なさは感じないわけです。

缶コーヒーと言えば同じ、100円程度の料金なのに、味は大きく違います。

缶コーヒーを選ぶ選択肢がありません。そのため、自身も缶コーヒーを買うことはほぼなくなりました。

そうして、時代が変わっていけば販売しているスタイルや方法も変化していくということですね。

どのコンビニでも、料金体系や味は変わりますが、そうした焙煎の煎れたてコーヒーをその場で購入できるサービスを取り入れているため、これからは競争してより美味しくても安いコーヒーが飲めることは、忙しい人にとっても嬉しいことです。

カテゴリー: ドリンク | タグ: , | コメントする